2018年9月5日(水)、広島県府中市において府中市主催の第3回府中官民検討会(無人航空機活用によるまちづくり官民検討会)に参加しました。

8月31日から9月2日かけて開催された、財団法人国際研修交流協会主催の第32回国際セミナーの内容および福島ロボットテストフィールドに関する情報を共有しました。
正確な情報については、現地に行かないとわからないことが多いということを強く認識しました。
また、今回は、2020年、2025年および2030年の将来ビジョンについて意見を交換し、産業集積と人材確保について議論しました。

ふちゅう大学誘致の会の井上会長は、「スピード感が大切。(広島)県を含めた協力体制をしっかりと構築して進めていきたい。」と述べられ、「年内の早い時期に、防災を含めた人材育成と防災業についても議論が必要。」という認識を示されました。

実施場所:府中商工会議所内