三菱重工業は、MRJの5度目の納入延期を発表しました。
納入は2020年半ばになる見込みとなりました。
我が国は航空技術者の不足状況から目をそらさず、この人材問題に正面か取り組まなければなりません。
納入延期による損害の拡大が懸念されます。

~読売新聞1月20日(金)6時25分~
三菱重工業は、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の初号機の納入について、現在予定している2018年半ばから最大で2年程度延期する方針を固めた。
日米などでの就航に必要な「型式証明」の取得に向けた作業が遅れているためだ。MRJの延期は5度目となる。
新たな納期については、最も遅れるケースを20年とする方向で調整している。ただ、型式証明の取得がスムーズに進めば、19年に早まることも視野に入れる。三菱重工は23日にも延期に至った経緯や、今後の詳しいスケジュールなどを発表する。